気になるシミに効果のある美白クリームで憧れの素肌美人

女性にとってお化粧をするたびに気になる1つであるシミ。コンシーラーなどで隠すことは出来るけどやっぱりシミのない素肌を目指したいところです。最近では肝斑なども美白クリーム効果で改善出来ることが浸透してきました。毎日のスキンケアに美白クリームを加えるだけで憧れの素肌になってみませんか?

*

【部位ごと】美白クリームの正しい使い方

美白クリームの正しい使い方をマスターして、透明感のある美しい白い肌を目指しましょう。

ホワイトニング作用があるスキンケア化粧品というのは、配合成分は通常の化粧品よりも肌に対して強いこともあり、専用のホワイトニングケアのアイテムを使用するのも1つの手段になります。例えばデリケートゾーンなどは皮膚がとてもうすい敏感なパーツですので、顔や肘や膝などに塗るホワイトニングケアアイテムよりも、もっと優しい成分を配合している専用のクリームがあります。
美白クリームは原因によって使うクリームが違ってきますので、まずは原因をしっかり確認しておきましょう。

美白クリームは医薬品・医薬部外品などに分かれている

美白クリームも医薬品の部類に入ってきますと、効果は高いですが取り扱いにも注意が必要になってきます。

医薬品の場合ですと、皮膚科などでの病院処方によるカテゴリーになるものもあり、その場合は使用方法に十分な注意をする必要が出てきます。シミを重点的になくすために、短期間の塗り薬として使うこともあり、その期間を守りながら、使用量も必ず守っていく必要があります。

美容ケアは女性にとっては、毎日の日課でもありますので、スキンケアで肌を潤してから、最後にホワイトニングのお手入れという順番を覚えておきましょう。

美白クリームを塗る前にしっかりスキンケアをする

美白クリームの正しい使い方として、肌の保湿を十分にしてからつけるようにしましょう。
乾燥をしたままの皮膚状態では、ホワイトニング以前の問題になってきます。これは顔の皮膚のみではなく、肘や膝や脇の皮膚のでも同じことが言えます。

基本のスキンケアの後に美白クリームをつけると覚えておいた方がいいでしょう。

まずはクレンジング・洗顔をしたら化粧水でしっかり保湿をします。肌の乾燥は肌の表面にある水分が蒸発することによって起きるので、洗顔の後になるべく早めに化粧水をつけておきましょう。
次に美容液です。乳液を先につけてしまう人もいるようですが、乳液だと油分があるので美容液が浸透していかなくなります。美容液の後に乳液をつけるようにしましょう。
最後に化粧水・美容液・乳液にフタをするというイメージでクリームをつけてスキンケアが終了なので、この後に美白クリームをつけましょう。

ボディ

体の場合は顔ほどのスキンケアはありませんが、やはり乾燥している時はボディクリームなどをつけてからポイント的に美白クリームをつけるようにしてもいいでしょう。

デリケートゾーン

デリケートゾーンも部位によって違いが出てきます。太ももの付根やVライン、Iライン、Oライン、臀部(お尻)などで皮膚の厚さや、原因も下着の擦れや脱毛による刺激などにも違いがあります。まずは清潔に洗ってからつけましょう。

続けることで効果が出てくる美白ケア

健やかな皮膚状態を維持するには、清潔さと皮膚にも適した栄養が必要です。

美容液やクリームなどはそうした皮膚のために必要な栄養成分を、ギュッと凝縮している最高のアイテムです。皮膚状態を整えてから、美白クリームを優しくつけるのがコツです。

いずれにしろ量をたくさん塗るよりも、毎日のホワイトニングケアを長く続けるというのが重要なポイントになります。

公開日: